美郷町では農業振興の取り組みとして、ミニトマトの産地化を進めています。株式会社アグリベスト美郷農園は、現在38棟のリースハウスを整備し、中山間地の気候を利用した夏秋作のミニトマトの栽培を行い、広島を中心に販売を行っています。美郷町は広島以外にも神戸や大阪にも出荷が可能な立地であることから、ミニトマトの出荷量増加やブランド化を目指しています。ミニトマト栽培の技術取得を通して、美郷町にて就農を希望される人材を求めます。

株式会社アグリベスト美郷農園

           株式会社アグリベスト美郷農園

リースハウス全景立ち並ぶリースハウス

リースハウス通路

リースハウスリースハウス内リースハウス

ミニトマト

地域おこし協力隊員には、3年間の研修で下記のことを学びます。

1.ミニトマト栽培の基礎的な技術習得

 美郷農園にて、従業員からの指導を受けながら栽培を行い、ミニトマト全般の基礎的な技術を習得します。

2.ミニトマト栽培の全般的な技術習得

 基礎的な技術習得をもとに、単位時間内での作業スピードと正確さの向上を目指し、自営が可能なレベルの技術を習得します。

 また、資材の購入方法や適正な価格、ミニトマトの販売先との情報交換も体験し、栽培技術以外の営農知識も習得します。

3.担当ハウスでの営農訓練

 技術習得の仕上げとして、担当ハウスを持ち最初の播種から栽培終了までを一人で行います。

 任期終了後は、美郷町で就農を希望する場合、町、美郷農園で全面的に協力します。また、独立して新規就農を希望する場合、美郷農園内にあるリースハウスのうち、3ハウスまで貸与することが可能です。ミニトマトを栽培する場合は美郷農園と共同での出荷、販売も可能です。

 ミニトマト栽培を通し、魅力ある美郷町での農業振興に携わってみませんか。

pdfファイル「地域おこし協力隊(アグリベスト)募集要領」をダウンロードする(PDF:1.1MB)

pdfファイル「地域おこし協力隊(アグリベスト)応募用紙」をダウンロードする(PDF:126kB)