美郷町では、町外に本社を置く企業の皆さまからの寄附を受け、地方創生に関連する事業を実行します。

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)とは?

国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。損金算入による軽減効果と合わせ、税の軽減効果が最大約9割となります。

企業の皆さまのメリット

 ・寄付額の最大9割の軽減効果を活用しながら、地方創生を応援できます!

 ・町のホームページや広報誌で、地域貢献企業として紹介させていただきます。

gazou1

留意事項

・美郷町外に本社がある企業が対象となります。

・1回あたり10万円以上の寄附が対象です。

・寄附をすることの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

〇制度の詳細は、内閣官房・内閣府総合サイト内「企業版ふるさと納税ポータルサイト(外部サイトへリンク)」をご覧ください。

 

寄附対象事業

美郷町では、令和3年度より「美郷町まち・ひと・しごと創生推進計画」に位置づけられる事業であれば、原則寄附の受入が可能となりました。

主な地方創生プロジェクト(寄附受入対象事業)の詳細は、下記リンク先をご覧ください。

pdfファイル「美郷町まち・ひと・しごと創生総合戦略」をダウンロードする(PDF:675kB)

pdfファイル「美郷町まち・ひと・しごと創生推進計画」をダウンロードする(PDF:284kB)

~寄附を活用していく主な事業~

〇空の駅構想事業「ゼロカーボンシティの先進地をめざします」〇

・ドローンの活用【CO2削減量△1.2t/年】ドローン活用による物流網を構築し、災害時等の物流輸送・森林の維持保全・農林業における作業等、将来的には町内の物流等をドローンで実施できるように検討を行い、実用化に向けて実証実験等の取組を進めます。

・太陽光発電の活用【CO2削減量△420t/年】庁舎等の行政施設・主要避難所等への太陽光発電・蓄電設備を引き続き整備していきます。

 

〇美郷バレー構想事業〇

「鳥獣害対策と住民の取組に関しては島根県美郷町に行けば、新しい技術や情報が入り、人脈も広がる」という、鳥獣対策版シリコンバレー「美郷バレー構想」を掲げ、取組を行っています。美郷町に様々な産官学民が集い、地域活性化となる事業を更に進めていきます。

 

〇ICTを活用した健康づくり・介護予防事業〇

アプリを活用した脳の健康度チェック等による認知症の早期発見、ICTを活用して住民の健康づくり・介護予防等につながる事業を更に進めていきます。

 

〇バリ文化振興事業〇

インドネシアバリ島とは1993年から官民レベルで交流が続いています。日本の自治体でバリ島と友好姉妹都市協定を結んでいるのは美郷町だけです。バリ島にはガムラン楽器を使った「ガムラン音楽」があります。美郷町は、全国でも数少ないガムラン楽器を保有(寄託を受けている)している自治体です。今後ガムラン楽器を使い、ガムランコンサートや学校での教育等も活用し、文化交流事業を展開していきます。

 

寄附の流れ

 1.寄附のお申し出・ご相談 (まずは美郷暮らし推進課までご相談ください)

 2.寄附の申出書のご提出

       ※wordファイル「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)寄附申出書」をダウンロードする(DOCX:22kB)

 3.美郷町から納付書の発行

 4。寄附(納付書を使用)

 5.美郷町から「受領証」の発行

 6.税制措置の申請お手続き

 税の申告時に、地方創生応援税制の適用がある寄附を行った旨を申告いただき、美郷町から交付した「受領証」をご提出いただき、税額控除の適用を受けてください。